検査結果は形質細胞種



ボーの腫瘍ですが毎朝毎晩気になって見ています。

今朝は気のせいか色が薄くなって少ししぼんできたような?

うん、大丈夫かな!と確信しつつ、今日は免許更新の為の講習があったので外出の準備をしていると
お世話になっている動物病院の番号から携帯電話に着信が・・・

電話に出てみると獣医さんでした。
検査結果としては形質細胞腫疑い(細胞診は100%正確なものではないので)
というもので良性である。

しかし自然と消えるものでは無いので取ったほうが良いでしょう、との事でした。

詳しく説明してくださるという事で講習が終わってからボーとザー(付き添い)を車に乗せ動物病院へ。




もの凄い厚さの医学書などを持ってきて下さって丁寧に丁寧に説明してくださいました。

形質細胞腫は皮膚に出来るものと骨髄に出来るもの、内臓に出来るものがあるそうです。

ボーの場合は皮膚に出来るものです。

皮膚に出来ているのなら見えない部分(骨髄や内臓)にも出来ているのでは?
と思ってしまうかもしれませんが
(実際ネット上にもそのような心配をされている飼い主さんの記事が出てくる)

皮膚に出来ていて骨髄にも出来ているという可能性というのは1%だそうです。
先生もそういうケースは見たことが無いそうです。

そうなると全身麻酔というリスクを冒してまで腫瘍を取るのか迷います。

もしかして毎日観察を続け、変化があればその時でも遅くないかな?と思いました。

残念ながらボーの家系はガンやてんかん、ウォブラー症候群、胃捻転、色々な病気が出ています。

今後の犬生、まだまだ長い、どうしても全身麻酔が必要な時が何度か来るかも知れない。

もちろん今回の良性の腫瘍が悪性に変わるようなものであれば早く取るべきで迷っている間に
悪性に変わってしまったら元も子もありませんが・・・

と先生の話を伺いながら色々考えていたら・・・










これを書いて良いのか分かりませんが、先生は「自分の犬だったら取らない。」
と仰いました。

なぜなら自分の犬だったら自己責任だし、しっかり観察していられるから、と。








私はただの一飼い主ですが、毎日腫瘍のある場所を見て色や大きさを観察する事は出来る。

食事も気を入れ直して頑張っているところだし、今回は経過観察で行こう、と思いました。

長い話になってしまい失礼致しました^^;

でも「良性」で本当に良かった。

そして親身になって一生懸命考えて下さる先生と出会えた事は大変有難いな、と思いました。

















さてさて、ボーとザーの食事ですが、今までは主にカンガルーや鹿、ウサギの生肉を
1回の食事で210g〜250g、それにご飯を小さい茶碗で一杯分、そして煮たお野菜を混ぜて
与えていました。

生食の部分は木村伸子先生を参考に、加熱食の部分は須崎恭彦先生を参考に。
フタリとも食べても太らないしたくさん食べたいよねと思いお肉は多めに。

自己流のかなり自由なレシピでした。

最近真面目に須崎先生の本を読んでいるのですが・・・
ちょっと獣肉が多すぎたかなと思っています(汗)

須崎先生の本によると病気療養中のワンコは肉、鶏肉、卵、乳製品はできるだけ少なくし、
動物性蛋白質は天然物の鮭、イワシ、ニシン、鯖のはらわたを除いて与える、との事です。

ボーは病気療養中ではありませんが、もう5歳を過ぎているし獣肉はそれ程与えなくて良いかな
と思っています。

人間でも最近では赤身のお肉を食べ過ぎるとガンのリスクが高まると言われていますし、
これからはお魚にお世話になろうね。











d0256607_13384596.jpg


トッピングする粉ものときのこ類。

何だか健康オタクのような材料ですね。

実際きのこ以外は自然健康食品を取り扱うお店で購入してきましたが^^;










d0256607_13381818.jpg



今朝のボーザーごはんはこんな感じでした。

小松菜、にんじん、かぼちゃ、大根、にんにく、もずくいりのおじやです。

他にすりごま、煮干し、粉末はとむぎ、ココナッツオイルをトッピング。

鮭はオリーブオイルでソテーしました。













d0256607_13383092.jpg



後ろにターバン巻いたアルパカみたいな生き物が写ってる(笑)

ボーもザーも最近耳の毛が長いので食事の時はスヌードを付けています。









d0256607_13383764.jpg



ザーちゃんのスヌードは私のお古のターバンです(笑)










ちなみに粉末はとむぎは「きなこ」のような感じで美味しいので私も拝借して
ヨーグルトに混ぜたりして食べています。

ババイボ予防です(笑)


長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。















[PR]
Commented by ninanabene at 2015-08-26 12:24
良性とのこと。とりあえず良かった。
私も同じ立場だったら、手術はしないで、しっかり観察すると思うなぁ。ニーナの耳の腫瘍の時も、しばらく様子を見ましょうってことだったけど、みるみるうちに大きくなっちゃって、耳の穴を塞ぐくらいになっちゃったから、取るしかなかったのよね。結果、良性だったけどさ、できる場所によっては支障がある場合もあるよね。

一度のご飯の量、結構多いんだねぇ。なんか、ワンコも人間も、年齢と共に必要な栄養素が変わってきて同じだよね。私は最近、お肉いっぱい食べるとお腹壊すようになってきちゃった。汗
ハトムギ、私も買ってこよう!
自然食品のお店ってのがあるんだね?
我が家の近所にもあるのか探してみよう。

とりあえず、ボーちゃん一安心。
Commented by bowzel at 2015-08-27 09:29
ninabeneさん 
おはようございます!返信遅れてしまい失礼致しました。

ほんと、良性で良かったです、しかも無くならないはずの腫瘍なのに
色が薄くなって萎んで来たんですよ!後で写真を撮ってアップしようと
思っているのですが不思議です。

ニーナたんのお耳の腫瘍も驚きました、
あの大きさでは耳のお手入れも出来なくなってしまうし・・・
腫瘍は口腔内に出来ることも多いらしいのですがそういう場所も
大変ですよね、改めて常日頃から体の色々な部分を触っておくこと
が大切だなと思いました。

黒犬は色々出来やすいようですが、ニーナたんもボーももう何も
出来ませんように!

我が家は一度のご飯の量が多かったかも知れません。
飼い主共々、年齢に合わせた食生活を考えなくてはいけませんね(笑)

私も最近脂身の多いお肉は受け付けなくなってしまいました。

私事ですが若い頃から乳腺が発達していていつも痛みがあり、
しこりがボコボコあるような状態でした。
そして今年はついに針を入れて細胞診しましょうと言われて
それから乳製品や肉はほとんど摂取していないんです。
その甲斐あってか乳腺の痛みはだいぶ良くなりました。
人間も粗食が一番なんですね、
(お魚は大量にいただいています^^;)

nanaさんの家の辺りは都会だからきっと自然食品のお店もあるはず!
ハトムギ粉は温かい飲み物に入れても美味しそうです^^
by bowzel | 2015-08-25 14:00 | 犬ごはん | Comments(2)

我が家の犬たちのこと


by エリエリ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30